グランフロントの北側
SONY FE 16-35mm F2.8 GM (SEL1635GM) を使ってみた感想

20180422 001 MisaZeroyama

グランフロントの北側って実は行ったことがなかったのですが、

20180422 001 MisaZeroyama

緑豊かで気持ちが良かったです。

20180422 001 MisaZeroyama

おしゃれなカフェに入ったけど

20180422 001 MisaZeroyama

こんなんじゃ足りないよね…!笑

今回は最後の写真はiPhone X、それ以外はSONY FE 16-35mm F2.8 GM (SEL1635GM)で撮りました。

価格が価格だけに買うまでに悩みに悩んだんですけど、特に画角の面で大成功でした!

私の場合、日常のプラプラ〜っと出かけた時に撮るという、まさに今回の記事のように風景を撮ったり家族を撮ったりなんですが、風景を撮る時に16mm〜の広角域はすごく使いやすいです。
建物も自然もダイナミックに全貌が撮れます。

また、35mmは目で見たそのままを切り取れるので、側の家族を撮るのに本当に便利です。そしてF2.8なのでいい感じにボケてくれます。

旅行の時なんかもこれ1本で大満足の画が撮れるので安心できるのは間違いないです。非日常である旅行の時にこそ良い写真が撮りたいですもんね。

Misa Zeroyama
左:SONY FE 16-35mm F2.8 GM (SEL1635GM)
右:Zeiss Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS(SEL1635Z)

同じ画角のズームレンズで、ZeissVario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSSEL1635Zがありますよね。
最初はあっちで十分なんじゃないかな、という気もしていたんです。それにとってもコンパクトで、ボディとの大きさのバランスがすごく良いし、持ち出しやすくなるという点も気になっていました。

でも、実際にF2.8を使ってみると、やっぱりこっちにして良かった!と思いました。

すでにα7RⅡというスペシャルなボディを持っているわけですから、レンズも妥協しない方が良いというのは当然かもしれないですが。

でも最高の画質と、ZeissのF4のようなコンパクトさが両立できたら最高ですよね!気軽に持ち出せて、撮る機会がかなり増えますよね!
今後の技術の進歩に期待したいです。

とはいえ、Nikon D810の時と比べたら格段にコンパクトで軽いですけどね!

投稿を作成しました 53

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る