写真

SONY α7R II とカールツァイスBatis 2.8/18 を買いました!D810との大きさ比較もしてみました。

※興奮しすぎてついつい長くなってしまいました。

カメラのキタムラで頼んだ物が届きました。

パカ!

SONY α7R IIと
(ソニーアルファセブンアールマークツーと読むそうです)

カールツァイスのBatis 2.8/18!

Nikon D810は新品でしたが、今回は中古で買いました。
6ヶ月の保証も付いていました。とりあえずちゃんと撮れたらいいというくらいの気持ちでいたのでビックリ。
しかも想像していたよりはるかに状態が良くて、傷があるとのことですが、どこ?という感じ。というかそもそもチェックしてないけど。笑

うわー小さい!
しかも洗練されたメカニックさがたまらん!!!

カールツァイスのレンズは有機ELで表示が出るのです!カッコよすぎる!!

しかも合焦距離と被写界深度が表示されるんです。
被写界深度は焦点が合っているように見える範囲のことです。被写界深度が頭に入っていない(!)私にはとってもありがたい。


加えてパッケージもしっかり設計されていてとても美しいので、すっかりカールツァイスが大好きに!

唯一不満をあげるとしたら、ゴムのリングがオシャレなんだけど、めちゃくちゃホコリがついて汚く見えるってことですね。
ギザギザにするのが美意識的に許せなかったのかな?

そして驚くのはここからです。
D810とα7R IIの大きさを比較すると、レンズが違うというのもありますが一回り以上小さいんです!!!

こちらは今回購入の組み合わせで

こちらはNikon側と同等のレンズ(FE 24-70mm F2.8 GM)をつけたバージョンです。

α7R II + Batis 2.8/18 で976g
(バッテリー込み)
(カタログ数値:ボディ+バッテリー+メモリースティックPRO625g、レンズ330gの計955g)
(Nikon側と同等のレンズだと886gの計1,511g)

D810 + AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED で2kg越え。(前に測った時は1,939gだったのにな?)
(バッテリーや諸々込み)
(カタログ数値:ボディ+バッテリー+SDカード980g、レンズ900gの1,880g)

同等のレンズでも369gも軽くなります。

ILCE 7RM2

そして前回はD810を買ってから本で写真の勉強を始めるという驚異の行動に出ましたが、今回は実物を見ることなく買いました!相変わらず無茶苦茶です。笑

ケント白石さんのブログの影響がかなり大きいです。絶対に間違いないと確信が持てたのです。

Blue Pond

ケント白石さんは日本人初のナショナルジオグラフィック入賞者です。そしてAppleの壁紙に採用されました。

201305mbpips

映像に力を入れているApple、そのAppleが選んだ写真……!それだけでもすごいのですが、たくさんある壁紙の中のひとつではなく、当時のOSのテーマ壁紙として採用されたのです。OS初期設定の壁紙がケント白石さんの作品で、つまりMacを使う全ての人が目にしたのです。

名称未設定

Macには今もケント白石さんの壁紙が入っています。

以下は特に参考になったケント白石さんのブログ記事です。
SONY α7RII – 写真撮影の楽しさを満喫できる傑作カメラ!
驚異のスーパーレンズ : Zeiss Loxia 21mm F2.8
SONYα7R II (ILCE-7RM2) Pentax 645Zと互角の勝負!

名称未設定2
Camera:SONY α7R II (ILCE-7RM2)
Lens  :Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

これ、撮って出しですって!撮って出しですよ!!?
カメラとレンズの性能も良いのでしょうが、ケント白石さんの撮影技術がすごすぎて、ある意味参考にならないかも!?笑

Logo

レンズ選びの参考になったのはフォトヨドバシです。いつも頼りにしています。
作例を貼っていきます。

01

03

04

07

いい感じでしょ!

1本目をいきなり超広角にしたのは熊本旅行に持って行くためでした。阿蘇の草千里を撮る予定なのです。

そもそも今回ミラーレスのα7R Ⅱに買い変えようと思ったのは熊本旅行がきっかけで、D810だとあまりにも重いので持って行くのをやめようかなと思ってしまったからです。普段なら2kgでも平気で持ち出すのですが、6歳児連れでスーツケースをガラガラ引いてなおかつその他の荷物も持っている状態ではさすがにキツイなと思ったのです。

思い立ったのは出発1週間前。そして翌日には注文していました!笑 そして余裕で間に合いました!素晴らしい!

2本目は50mmかな?ズームも便利だけど画質がどうなんでしょう…?しっかり検証したいと思います。

NewImage

ミラーレスカメラは画質の面で一眼に劣っているという認識でいたのですが、完全にその壁を越えて来てしまったわけです。

ミラーレスの時代が完全に到来したと感じました!2015年に発売されていたので今更なんですが。笑

Nikonにはフルサイズのミラーレスはありません。気配すらも。一眼の分野で揺るぎない地位を築いているのでそちらに力を入れないのでしょう。
SONYはカメラは後進なのでこうやって新しい技術で勝負してくるのでしょうね。
イノベーションのジレンマというやつでしょうか?よく知らないけど。笑

NewImage

そして今回の購入では、価格の面でカメラは中古で買うに限ると強く思いました。

新品の最安値がカメラのキタムラヨドバシカメラ(価格.comで他にも安いところはあるのですが、ちゃんとしたお店かどうか分からないので、安心してお買い物できるお店での最安値です)でα7R IIは377,991円、Batis 2.8/18は179,820円でしたが、中古価格はそれぞれ280,580円で97,411円安、165,980円で13,840円安の、計111,251円安!

しかも前述のように状態もとても良かったのです。

さらにカメラのキタムラはローンが36回までは金利0。

多分これからはカメラのキタムラで中古を買うというスタイルになりそうです。