写真

α7R Ⅱ+Batis 2.8/18を熊本旅行で使った感想

先日の熊本旅行の写真がやっと現像できました。
いけるだろうと思っていましたが、MacBook 12がメインというのはやはりキツいです!笑 遅過ぎる…。
iMac 27インチ 5K Retinaディスプレイモデル、売り飛ばすんじゃなかった!

今年はフルモデルチェンジの、しかも性能も良いiMacが出ると噂なので切実に待っております。

MisaZeroyama20170326 130910

α7R Ⅱ・ZEISS Batis 2.8/18

今回もお宿は竹ふえさんです。
空港からお宿の送迎と、阿蘇観光もお願いしました。

MisaZeroyama20170326 141215

α7R Ⅱ・ZEISS Batis 2.8/18

念願の草千里です。
前回は雨で断念したのでお天気に恵まれて良かったです。

草千里の直径1km程の草原は火口跡なんだそうです。知らなかった!

MisaZeroyama20170326 141501

α7R Ⅱ・ZEISS Batis 2.8/18

そして火口跡の中にさらに火口跡。二重になっています。

3月下旬でしたがめちゃくちゃ寒かった!!!笑
標高約1,000mだそうで…。

気温も上がり、緑も美しいであろう5月あたりがきっとベストシーズンなのでしょう。

MisaZeroyama20170326 164832

α7R Ⅱ・ZEISS Batis 2.8/18

阿蘇観光を終えてお宿に到着。お部屋は小夜です。
こちらは部屋付きの露天風呂です。源泉掛け流しです。贅沢だな〜。

MisaZeroyama20170326 165239

α7R Ⅱ・ZEISS Batis 2.8/18

シアタールーム。

MisaZeroyama20170326 165802

α7R Ⅱ・ZEISS Batis 2.8/18

オーディオルーム。

MisaZeroyama20170326 172728

α7R Ⅱ・ZEISS Batis 2.8/18

ベッドルーム。
いったい幾つ部屋があるのだ!写真はありませんがまだあと2つもあります。お風呂ももう1つ。

結局メインのお部屋にしかいないんだけど、それでもお部屋がたくさんあるとテンションが上がります。

MisaZeroyama20170326 172911

α7R Ⅱ・ZEISS Batis 2.8/18

いたるところに敷いてあるこの黒地にラメの布がいい感じで、これがあるのとないのとでは全然違うなと感心していたのですが、実は京丹後ちりめんだそうです!
布とか言ってしまった!ごめんなさい!笑
もっとものを見る目を養わなければいけませんね〜。

MisaZeroyama20170326 180645

α7R Ⅱ・ZEISS Batis 2.8/18

ご飯、器は全て竹です。
かつては人の2倍の量を食べていた私も、三十路を過ぎるとすっかり少食になってしまったので、量の少ないグッドヘルシープランにしました。

MisaZeroyama20170326 181111

α7R Ⅱ・ZEISS Batis 2.8/18

それでもちょっと多いくらい。
伊勢海老のみそが美味しくてひたすらにほじくって食べていたら、あとでお味噌汁に入れるとのことで恥ずかしかったです。笑

MisaZeroyama20170326 200421

α7R Ⅱ・ZEISS Batis 2.8/18

ご飯の後は貸切風呂へ。
この羽織、丈が長いし中がモコモコで温かくて気持ちよかったです。家にも欲しいなあ。

MisaZeroyama20170326 200552

α7R Ⅱ・ZEISS Batis 2.8/18

竹林の道を歩きます。

MisaZeroyama20170326 201003

α7R Ⅱ・ZEISS Batis 2.8/18

到着しました。ゴージャス過ぎる。

MisaZeroyama20170326 201138

α7R Ⅱ・ZEISS Batis 2.8/18

プールのような大きさにおののく。
テンションは上がったものの45分は長過ぎて20分くらいで退散。

MisaZeroyama20170327 092319

α7R Ⅱ・ZEISS Batis 2.8/18

前回はいなかった鴨。
めちゃくちゃ人に慣れていて近づいたって全く動じません。
しかし「グウグウグウグウ」と何やら文句を言いながら距離を保つために少し移動してしまいます。笑

MisaZeroyama20170327 092529

α7R Ⅱ・ZEISS Batis 2.8/18

息子に前回より2回り以上大きなくまモンをいただきました!

NewImage

さてさて旅行に間に合わせたくて実物を見ることもなく、思い立った翌日に注文したα7R ⅡとツァイスのレンズBatis 2.8/18ですが、大大大正解でした。

α7R Ⅱは、絞りや露出など設定を変えた結果がファインダーの中で見えるのです!撮るときに仕上がりが見えるってすごいです。
しかもでっかい水準器をファインダーの中に表示させられるのでこれもとっても楽。現像の時に水平の補正をかけたら全く動かない時もあります。
本当にすごい!

このテクノロジーに一度触れるともう戻れません。

そしてコンパクト!

その上デザインもおそろしく洗練されています。
ツァイスのレンズなんかはもう更に更に美しいです。

ほんとたまんないです。
なぜもっと早くにSONY製品のすばらしさに気がつかなかったのか!

Nikon D810ももちろん良かったです。でももう圧倒的な技術の差を感じます。α7R Ⅱがミラーレスで写真の新しい時代を牽引していくのは間違い無いと感じます。
Nikonに感謝しつつ、既に全システムを売りました。

今からフルサイズを初めて買うという人には間違いなくα7R Ⅱをおすすめしますし、そうで無い方も買い替え、もしくは2台目として購入する価値は十分にあると思います。